婚前ネットホーム    婚前カウンセリングの必要性    癖で悩む人はカウンセリングを受けよう

癖で悩む人はカウンセリングを受けよう

どのような人にも癖はあります。昔から言われています「なくて七癖」がそれです。
癖は癖であるうちはそんなに問題ではないでしょうが、自分の癖を悩んだり、周囲の人に迷惑をかけるようになった場合は、それは癖ではなく「依存症」で病気です。

このような依存症と分かる状態で結婚しても、本人の強い依存からの脱却する意志がないと新婚生活は続きません。パートナーとなる方に大変な思いをさせることになります。
ご本人は、婚前にパートナーの協力を得て、担当医の指示のもとに治療をすることが必要です。立ち直りが難しい場合は、双方とも結婚を急ぐことなくご本人を見守ってあげるのも一つの方法です。くれぐれも早く結婚して私が立ち直らせて上げると急がないことです。 それは、パートナーもそのまま共依存関係になり共倒れ状態になってしまう可能性があるからです。

依存症になりやすい人

  • 1 依存や乱用の背景には、何らかの心理的な問題が隠されています。この心理的問題を解決しない限り、なかなか真の解決にはいたらないことが多いものです。
  • 2 アルコール依存症の人は、不安に耐える力が弱く、酒に逃げてしまうという傾向にあります。それを自覚して「自分には弱いところがある。だからお酒には逃げるまい」と自分をコントロールすることができるようにならないといけません。
  • 3 ギャンブルも同じです。ギャンブル好きな性質は親からもらったものかもしれませんが、 楽しんでいるうちは良いのですが。給料を家に入れなくなったり、サラ金に手を出し借金をするといったことに発展しますとこれは依存症で治療を考えるべきであります。
  • 4 覚せい剤やシンナーといった薬物の場合は、精神的な逃げ場を求めるというよりは「快楽を求めて手を出すことが多いようです。

治療には本人の意識改革が欠かせません。

依存症にしても薬物乱用にしても一般的には「治りにい」ということが言われています。精神科で治療を受けるのは大切ですが、本人に「やめよう」という強い気持ちがないと始まりません。

自分で何かを感じたら早めに専門医に相談しましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本婚前カウンセリング協会からのお知らせ
婚前悩み相談お気軽にどうぞ
不安があれば結婚前に解決しておきましょう
婚前悩み相談ご案内

 婚前カウンセリングの必要性内の記事一覧

マリッジブルーとは
マリッジブルーとは、結婚を前に結婚後の異性との生活不安や家庭を持つ責任、この人で...
癖で悩む人はカウンセリングを受けよう
どのような人にも癖はあります。昔から言われています「なくて七癖」がそれです。 癖...
婚前カウンセリングを受けてみよう
日本ではまだまだ婚前カウンセリングを受けてよりよい結婚生活の基盤とし幸せな生活の...
婚前ネット HOME
 婚前カウンセリングの必要性
マリッジブルーとは
癖で悩む人はカウンセリングを受けよう
婚前カウンセリングを受けてみよう
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク


Yahoo!ショッピング


お知らせ.jpg

姉妹ホームページです。ご利用ください


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら

ハーブ協会バナー(婚前カウンセリング協会様用).jpg